中高年のための優良出会い系入門>出会い系サイト用語集・解説:セックスフレンドとは

セックスフレンド(略称 セフレ セクフレ)

セックス(性交)を楽しむことを目的に交際している男女の関係を指す俗語。
セックスをする事が出来るが恋人ではなく友達友達関係でありながらセックスを出来る異性のこと)をさす場合もある。 類義語はやりともやスポーツ友達(頭文字"S.F"から転じての隠語)など。関西系の芸人などはカキタレという言い方をすることもある。
セックスフレンド同士の関係を冒険的な恋愛、刹那的な肉体関係を意味するアバンチュール(aventure)と表現することもあるが、セックスフレンドよりは聞こえが良く、意味合いも若干違ってくるようである。

セックスだけの関係

このケースはSEX + FRIENDという単語の意味に近い。倫理観には個人差が大きく、例えば「恋人でない人と一緒に食事に行く事も嫌だ」と考える人もいる一方で「食事くらいは構わない」と考える人もいる。このように「一緒に食事をする」「一緒に遊びに行く」「一緒に遠出する」「相手の異性を部屋に入れる」といった事でも、嫌悪感を示したり、特にこだわらなかったりする人間もいて、実にまちまちである。
さらに気軽に「せっかくお互い男と女の体を持っているのだから、使わないともったいないし、楽しい事を出来るだけしたい」という考えのもとに、恋人でなくてもセックスをする関係もある。

一方的に立場が強い/弱い関係

男性よりも女性の立場が強い関係もあるが、大多数は「女性が好意を抱いている男性を引き止めるためにセックスをしている関係」である。
このような関係では男性は女性を軽視し、「肉便器」などの蔑称で呼ぶ事もある。そのため「セフレから彼女に昇格したい」と女性が切実な願いを抱く事があるが、男性側からすると、そのような女性の事は「いなくなっても惜しくない女性に過ぎない」とみなしている場合が多く、女性の願いが叶えられるケースは少数といえる。
このような関係では、主に女性側が自分はセフレだと言う事はあっても、実質的には奴隷ちゃんである事も多い。男性にとって奴隷ちゃんはいなくなっても構わない存在であるため、自分の性欲や興味の限りを尽くす事が出来る。アダルトビデオの撮影を思わせる恥ずかしい行為をさせるなど、恋人や前述のようなセフレ関係を結んでいる相手に対しては到底出来ない行為を強要する事もある。

セックスフレンドに関する性差

確実な統計数値があるわけではないが、セックスフレンドを求めるのは圧倒的に男性が多く、女性は少ないと考えられる。
その理由はいくつかあるとされている。
まず、社会的通念として、結婚適齢期間の固定観念化が女性にとりわけ強く作用するという点である。すなわち女性は男性に比して、生物学的に生殖可能な時間が短期間であるため、この期間において「結婚適齢期」の間に婚姻関係を異性と結ぶべきであるという強い圧力が社会からかかる。又、社会の産業構造も(特に日本の場合など)それを前提に組み立てられているため、よほどの学歴もしくは才能がない限り、30歳・40歳を過ぎても「結婚」する事なしに一人で安定した経済生活を営めるかどうか自信を持てない事が多い。従って、女性にはこの「結婚」に不利になるような性的関係をあまり積極的には求めない傾向が生まれやすいと考えられる。
又、近代社会においては、「男性は社会に承認されて一人前、女性は男性に愛されて一人前」という認識が強く共有されている。その結果、「愛されていない=一人前ではない=人間として不備がある」という不安に女性の方がよりつきまとわれやすいため、モノガミーへの執着が生まれやすくなるし、セックスフレンドという関係に不安を覚え、回避する行動もより多く見られるようにもなると思われる。
又、「妊娠」のリスクもセックスフレンドを持つ上でネックとなりうるだろう。避妊に失敗した時、とりわけ社会によるサポートの不十分な社会ではパートナーの協力無しに一人で仕事を続けつつシングルマザーという選択も取りづらい。
ゆえに潜在的なリスク、不安要因の多いセックスフレンド的関係はますます遠ざけられる事になる。 その他にも動物的な本能による説もある。つまり、女性(雌)はより優れた男性(雄)を求める本能があり、男性(雄)はよりたくさんの女性(雌)を抱え込みたい本能があるにも拘わらず、現代の日本など多くの社会では恋愛結婚は1対1の関係であるべきとされている。従って、自らの要望を追求した結果不倫セックスフレンドという形式に落ち着くこともある。 更に本能による仮説をとるのなら、そもそも男女ともに複数のセックスフレンドを持ち、乱交的な性交渉を行うことが、生物としてそれなりに合理的であるという話にもなるだろう。
男性が複数の女性と交わることで自分の精子をばらまけるとすれば、女性は複数の男性と交わりそれぞれの精子を体内で「競争」させることで生き残った強い種を孕むことが出来るということになる。 しかし人間の性意識、性差は本能による支配よりもまず社会的なものであるので(例えば人間は人間の群れの中で育ち、教育されなければ性行為を行う事が出来ない)これらは決定的な説明項とはなりがたい。
なお、セックスフレンドと一言で言っても、2, 3回の関係で終わってしまうものや相手が「恋人」と誤解しているものもある一方で、一生涯続く(しかし友情に裏付けられ嫉妬や独占欲の伴わない)半永続的な関係、更には互いにパートナーが居た上で続くポリアモリー的なものまで包含しうるため、その定義は曖昧である。
そして、一番最後の例まで含めた場合、前述の女性にとっての「リスク」要因が格段に減るため、「セックスフレンド」に対する男女の性差は一般に考えられているよりも低くなっていくのではないかと思われる。 多くの女性は男性ほどストレートにセックスフレンドを欲しがらないものの、中には付き合った男性側から得られるものがセックスをするに値すればセフレ状態でも構わない女性も存在するため、結果的にセックスフレンドとなる男女は少なくない。そんな男女関係について、「精神的・感覚的な『売春』である」という指摘もある。

引用元:「セックスフレンド」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。
2007年7月29日 (日) 21:19 UTC
URL:http://ja.wikipedia.org