中高年のための優良出会い系入門>出会い系サイト用語集・解説:援助交際逆援助交際逆援とは

援助交際・逆援助交際・逆援とは

援助交際(えんじょこうさい)は、主に日本の若い女性が行う、売春の一形態。
広義では性行為は伴わない金銭目的の交際を指すこともあったが、現在では主に若い女性の売春行為の代名詞となっている。
現在、13歳未満の性的合意年齢に達していない少年や少女を相手にした性行為は、性虐待、強姦罪に分類される。
また、それとは別に18歳未満の者との売買春が児童買春・児童ポルノ禁止法(児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律)によって規制されている。

援助交際の概説

売り手側の女性は、主婦・社会人・フリーター・学生など年齢職業は様々だが、買い手側が「性的欲求の簡便な充足」を目的とするのと違って、売り手側は、「極秘で自由な個人営業形態の短時間肉体労働による金策」が主目的であるため、生活的に金策が必要な何らかの背景がある女性たちであるケースが多い。
売春行為を言い換えた隠語として使用されるが、はじめから交渉の段階で「カラオケや食事を共にするだけ」という条件で契約し、デートに対する料金の授受が行われることもある。
このため、未成年者との性交を禁じた淫行条例が存在するものの、性的行為を伴わない交際の範疇に収まっているケースもある。
売り手は主に女性で、逆に男性が売り手となるケースを逆援助交際などと呼ぶことがある。
出会い系サイトの電子掲示板などでは、この行為を表す際に「¥」「○」(円=援助)などの隠語で記される事が多い。
これは、サイトのサーバー側で、援助交際成立までのコミュニケーションで使用頻度の高い文字や文字列が、売買春行為の温床になることを防ぐという名目で使用不可能に設定されている(使用した場合、すべて●●や××などの伏字に自動設定される)ことが多いため、その規制をすり抜けるための工夫である。
なおオーラルセックスのみの場合、隠語は主として「口割り」という言葉が使われている。また男性の自慰を見るだけの場合「オナ見」という言葉が使われる。

引用元:「援助交際」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。
2007年9月7日 (金) 17:40 UTC
URL:http://ja.wikipedia.org

出会い系サイトでは援助交際を禁止しているケースが多い。

出会い系サイトは近年援助交際の温床になっていたようだが、最近では規制が生まれているようだ。例えば「いくらかお礼を致します」と、援助交際目的ではなくても書いた場合、その書き込みが消されていることもある。(援助交際目的と勘違いされて)

金銭をからませないと出会う自信がないということは、それだけ情けないことだと肝に銘じて、金銭目的(援助交際目的)は絶対にしないよう心がけると良いと思う。

また、「いくらだったらエッチしてもいいよ」という相手側からの援助交際目的のメールにも返事をしないことをオススメする。

おいしい話は無い。逆援助交際希望の女性はいないと思おう

逆援助交際」はさらに情けない。女性から援助してもらおうという魂胆のことである。

セックスをしたいためのだけに、女性は男性にお金を払うといった習慣はあまりない。ホスト程に自分を魅了してくれる相手にはお金を払うケースもあるだろうが、素人の男性にお金を払うということはまず有り得ないことを肝に銘じ、「逆援助●●」、「逆援●●」等のような出会い系サイトには登録しないことをオススメする。

勝手に来るメール(スパムメール)にも、「セレブで100万円あげるのでエッチして」等のようなメールが来るが、返事をしないことをオススメする。

まずそんな人はいない。とにかく援助交際逆援助交際も「有り得ない」と思ったほうがいいだろう。