中高年のための優良出会い系入門>出会い系サイト用語集・解説:不倫とは

不倫とは

不倫(ふりん)は本来は、倫理から外れたこと、人の道から外れたことを意味するが、近年では特に、結婚制度から逸脱した男女関係の意味で使用される。

不倫は配偶者のある男や女が、配偶者以外の異性と恋愛し、性交を行うことをいう(配偶者のいない男や女が、配偶者がいる異性と恋愛し、性交を行う場合も含む)。古くは姦通、不義密通といった。(くだけた表現では浮気と呼ばれる。この言葉は未婚の恋人同士でも使われる。)

TBSのテレビドラマ「金曜日の妻たちへ」(1983年)が、「不倫」という言葉を「男女間の不義密通」という意味に変化(固定)させたきっかけと言われている。それ以前のテレビドラマでは「よろめき」(主として、夫のある女性が、他人の男性に心を寄せる)という言葉が一般的に使われていたが、「金妻」以降はほぼ死語になっている(なお“よろめき”は三島由紀夫が1957年に発表したベストセラー小説『美徳のよろめき』に由来する)。

不倫の代償

最悪の場合、不倫の代償は非常に大きく、家庭や友人関係を一気に崩壊させる危険をはらみ、経済的・精神的に深刻な打撃を受け、社会的信用をも失う危険がある。家庭崩壊の場合は配偶者に訴訟を起こされる事もあり、実子がいる場合は、年齢に関係なく心を激しく傷付けトラウマを植え付けてしまう。なお、子供が心身を激しく傷つけられた場合には不倫をした本人だけでなく、その相手の異性も訴訟を起こされることもある。また、その異性が損害賠償責任を負った例もある。

芸能人などはスキャンダルとしてバッシングを受け、政治家などにいたってはイメージ悪化に繋がり、潔癖な人間からの支持を大幅に失う。ただしお国柄によってはスキャンダルとはならないこともある(フランスなどは寛容だといわれる)。

関係の解消の際には、今までの関係を暴露すると脅されたり、口止め料や手切れ金を要求される場合もあるため、これらのトラブルも代償とされる。

重婚的内縁関係に於いては、実子を邪魔な存在と感じて児童虐待に及ぶケースも後を絶たない。

不倫にまつわる有名な発言

石田純一
不倫は文化だ」との発言をしたと言われているが、実際は「日本には古来より忍ぶ恋というものがあり、そのような男女の思いが優れた文学などの文化、芸術を生み出してきたということもある」という婉曲的な表現であり、前述の発言はマスコミによってセンセーショナルに伝えられた結果である。

布袋寅泰
マスコミへのFAXで「いやぁ、火遊びが過ぎました(笑)」とコメントを寄せた。

森本レオ
「メシ友」「異文化交流」などの言葉を残した。

ミッテラン元大統領(フランス)
「Et alors?(それがどうしたの?)」。妻以外との女性問題について質問した記者に対し、応えた言葉(関連…エ・アロール それがどうしたの)。

ビル・クリントン元大統領(アメリカ)
「ルインスキーさんと不適切な関係を持った」 ( I did have a relationship with Ms. Lewinsky that was not appropriate. ) 。1998年に起こったモニカ・ルインスキー事件で、共和党から弾劾訴追を受けて、そう告白せざるを得ない状況に追い込まれた。この「不適切な関係」は同年の流行語となった。

引用元:「不倫」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。
2007年9月17日 (月) 20:40 UTC
URL:http://ja.wikipedia.org

不倫に関する管理人視点での見方

不倫は確かに駄目なことだが、人間の生物学的に言うとごく自然なことだ。

多くの子孫を残さなければいけないという男の使命、女の使命・・・・・?

しかし、一夫多妻制ではない現在の日本では、不倫は批判される。裁判でも、不倫をしていたほうが不利となる。

不倫等でスクープされてしまっている人は、バレやすい人だと言えよう。

小さい頃から、ウソがバレる人であれば不倫はしないほうが無難だ。ウソはバレなければ相手もショックを受けない。バレるウソをついてしまうことが問題であると管理人は思うのです。

例えば不倫してから妻や夫に優しくなったりすると相手は不審に思うだろう。日頃の生活態度は変えないことが重要になってくると思う。

しかしあくまで私は不倫を推進しているのではなく、夫婦同士がうまくいっていれば全く不倫等しなくても問題ないと思う。むしろ円満で何よりだと思う。

だが生物学的に不倫とは自然な行動なのかなとも思うのです。

これを見て、不倫は良いものだと勘違いしないように。私は、それも仕方ないのではないかと思うだけです。一つの意見としてです。
不倫をされる際には、自己判断でお願い致します。この記事について管理人は一切責任を持ちません。