中高年のための優良出会い系入門>出会い系サイト用語集・解説:美人局(つつもたせ)とは

美人局(つつもたせ)とは

美人局(つつもたせ)とは女性が性交や交際に応じる素振りを見せて男性をラブホテルの一室のように孤立した環境へ誘い出し、これを脅して金品を恐喝すること。また夫婦で共謀し、女が別の男と密通し、それを以って男が密通相手を脅すこと。

美人局(つつもたせ)の概要

出会い系サイトや酒場で知り合った女性に部屋に誘われ衣服を脱ぎ、いざ性行為を行おうとしたときに怖いお兄さんなどが登場して「おれの女に何をする」というのが典型的なパターンである。

これらに類される行為で典型的なものは男性が女性と会う約束をして実際に行ってみると、屈強な男に囲まれ金品を巻き上げるという手法である。また呼び出されてラブホテルに入っていく所を写真に撮られ、後日家族や会社に曝露すると脅迫してくるケースもある。

また加害者の女性が18歳未満だったりすると、被害者の男性も青少年保護育成条例違反や児童買春の罪に問われる危険があるので警察に被害届が出せず、泣き寝入りになりやすい。もちろん加害者側もそれを見越してそのような女性を用意する傾向も見られ、おやじ狩り等に代表される青少年犯罪の一形態として同種事件が起こるケースも報告されている。実際には強盗殺人事件に発展したケースもある。

美人局(つつもたせ)の語源

複数の説がある。

つつもたせの「つつ」とは暴力団の使う女性器の隠語。これを持った女性を標的とする男性と一時的に同伴させて(女は華、それを「もたせる」)良い思いをさせた後で恐喝することから「筒持たせ」転じて「つつもたせ」となった。
サイコロ博打において、サイコロに細工をすることを意味する「筒」から来ている。偽者(筒)を持たせることから「筒持たせ」となった。
美人局」とは中国の元の時代、公娼を妾(めかけ)と偽って少年などをあざむく犯罪の名称で、これに和語「つつもたせ」を当て字とした(熟字訓)。

美人局(つつもたせ)の歴史

不倫が文化的タブーとして扱われた歴史は古く、御成敗式目の第34条にすでに不倫についての罰則規定が見られる。

他人の妻を密懐する罪科の事 右、強奸、和奸を論ぜず、人の妻を懐抱するの輩、所領・半分を召せ被れ、出仕を罷め被る可し。所帯・無んば、遠流に処す可き也。女の所領・同じく之を召せ被る可し。所領・無んば、又、之を配流せ被る可き也。
不倫は男女とも所領半分没収(無ければ遠流)の上、男は公務罷免とされ、武家の家門にとって致命的な処罰が規定されている。武家社会においては美人局が恐ろしい罠(ハニートラップ)であった。

引用元:「美人局」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。
2007年9月30日 (日) 18:40 UTC
URL:http://ja.wikipedia.org